Sponsored Link
  


栗原敏勝 家庭内の悩みもらす 宇都宮城址公園爆発事件



Sponsored Link
  


23日、宇都宮市の公園で爆発が起き、3人が重軽傷を負った事件で、死亡した栗原敏勝の衣服から見つかった遺書には、家庭内の悩みやトラブル、それに関する裁判への不満が書かれていたことが、警察への取材でわかりました。

また、爆発現場では複数のコイルのようなものや乾電池などが見つかり、警察は爆発物の一部の可能性があるとみて調べています。

23日昼前、宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園内の駐輪場付近で爆発があり、市内に住む元自衛官、栗原敏勝容疑者(72)が死亡し、近くにいた中学生ら3人が巻き込まれ重軽傷を負いました。

警察は、栗原敏勝が爆発物で自殺を図り、周囲の人を巻き込んでけがをさせたとして、殺人未遂などの疑いで調べています。

これまでの調べで、栗原敏勝の衣服からは「命をたって償います」などと書かれた遺書が見つかっていますが、その後の調べで、遺書はパソコンで作成したと見られるA4サイズ1枚で、家庭内の悩みやトラブル、それに関する裁判への不満が書かれていたことが、警察への取材でわかりました。

また、栗原敏勝本人のものと見られるインターネット上のブログなどにも、同じような悩みとともに「自暴自棄に陥っている」などという書き込みがあり、警察は事件の動機につながると見て調べています。

さらに、24日の現場検証で、爆発があった公園では複数のコイルのようなものや乾電池などが見つかったほか、全焼した自宅からは複数の家庭用の花火が見つかったということです。警察は爆発物の一部の可能性があるとみて調べています。

栗原敏勝容疑者のものと見られるブログやフェイスブックには、家庭内のトラブルをめぐる裁判の判決や、裁判官に対する批判や不満がつづられています。
このうち、今月6日のブログには、家庭内のトラブルをめぐる裁判で敗訴したとしたうえで、「えん罪判決で生きる道を絶たれた。判決に従わないから債権差し押さえ命令を出され、預貯金を没収された。マイホームも競売にかけるでしょう」と書き込まれていました。また、「判事や調停員から『死んだら認めてやる』と言われた」とか、「言いたい放題、やりたい放題だ」などと記されていました。
また、別の日のブログには、「自暴自棄に陥っている」などと将来を悲観するような内容がつづられていました。

栗原敏勝容疑者は、自衛官として所属していた宇都宮市内にある陸上自衛隊北宇都宮駐屯地を、平成11年4月に退職したということです。
当時の同僚などによりますと、航空管制官などのほか、敷地内にある航空学校宇都宮校で教官を務めていたこともあるということです。北宇都宮駐屯地によりますと、駐屯地には爆発物などを取り扱う部署などはないということです。

自衛隊を退職してからは、平成22年11月から去年9月まで、宇都宮市内の病院で守衛として当直の仕事などをしていたということです。
また、パソコンについて詳しく動画の編集作業などができたということで、近所の人によりますと、まちづくりの活動に関わった際には、地元のイベントなどを紹介する広報誌づくりに携わっていたということです。

精神障害がある人の家族などでつくる「栃木県精神保健福祉会」によりますと、栗原敏勝容疑者は、5年前の平成23年ごろ、自分の家族に関する相談で訪れたのをきっかけに、会員になったということです。
そして3年前の平成25年からは、会員からの相談にのる「相談員」としても活動していました。
興野憲史会長(75)は「カメラやインターネットに詳しかったので、広報誌づくりを手伝ってもらい、助かっていた。ふだんは穏やかで、話し合いのときも激高するようなことはなかったが、家族とのトラブルに関する裁判を批判する話ばかりするので、考えが偏っているとも感じていた」と話していました。
ことし5月、興野会長が「会の主旨と違う活動はしないでほしい」と伝えたところ、「迷惑をかけるから」と言って、みずから退会を申し出たということです。

現役の自衛官が発狂して

自衛隊の武器を使ったら

かなり怖いことになる ((((;゚д゚))))



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加