Sponsored Link
  


横浜「大口病院」連続殺人事件 「ヂアミトール」が混入された疑い



Sponsored Link
  


横浜市神奈川区の「大口病院」で点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件で、大口病院4階に残された複数の未使用点滴袋から界面活性剤の成分が検出されていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。

神奈川県警神奈川署捜査本部は不特定多数の患者を狙った連続殺人事件の疑いがあるとみている。

大口病院連続殺人事件捜査関係者によると、4階ナースステーションで保管されていた未使用点滴約50袋のうち約10袋でゴム栓部分の保護シールに注射器の針で開けたような穴が見つかり、捜査本部が中身の鑑定を進めていた。

穴が開いた点滴には2人以外の名前が書かれたものもあった。

2人の体内などからは「ヂアミトール」を検出。

大口病院連続殺人事件捜査本部はステーションにあった消毒液「ヂアミトール」が混入された疑いがあるとみて調べている。事件当時、大口病院2~4階に入院していた他の患者50人全員の血液からは検出されなかった。



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加