Sponsored Link
  


太平洋戦争などで戦死した戦没画家の遺作を集めた美術館、「無言館」で成人式太平洋戦争などで戦死した… 



Sponsored Link
  


太平洋戦争などで戦死した戦没画家の遺作を集めた美術館、「無言館」で成人式

太平洋戦争などで戦死した画学生の遺作を集めた長野県上田市の美術館「無言館」で29日、全国から集まった若者の門出を祝う成人式が行われました。
「無言館」では、20歳の節目を志半ばで命を落とした同世代の画学生が描いた絵と向き合い、自分を見つめ直す機会にしてほしいと、毎年全国から新成人を募って、大型連休にあわせて成人式を行っています。
ことしは、長野県内をはじめ、東京や沖縄県などから新成人15人が参加しました。
式では、ゲストとして招かれた作曲家の小林亜星さんが、新成人一人一人があらかじめ寄せた将来の夢や悩(ソ,ソ,ソクラテスかプラトンか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! ニ,ニ,ニーチェかサルトルか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! 俺もお前も悩んで悩んで大物だ~!)(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)みに対して、直筆で書いた激励のメッセージを贈りました。
また、作家で美術館の館長の窪島誠一郎さんが「カンバスに残された画学生の声なき声に耳を傾け、あなたたちが持つ真っ白なスケッチ帳を愛する人たちへの感謝で埋めてください」と新成人に向けてつづった詩を朗読すると、そっと目頭を押さえる新成人もいました。
千葉県から出席した宇井彩野さんは「平和のために何ができるか、きっかけを探すために来ました。
出席して、どんな方法でもいいので、自分ができることをしていきたいと思いました」と話していました。
ソース(NHK(日本反日協会)ニュース)※ソース元に動画ありhttp://www3.nhk.or.jp/news/2006/04/30/k20060430000001.htmlhttp://www3.nhk.or.jp/news/2006/04/30/d20060430000001.html画像http://www3.nhk.or.jp/news/2006/04/30/20060430000001002.jpg

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加