Sponsored Link
  


赤木が安藤勝に感心 「アンカツさんは仙人の域に達したと思う、勝ちたいという“気”を完全に封じ込んで… 



Sponsored Link
  


赤木が安藤勝に感心 「アンカツさんは仙人の域に達したと思う、勝ちたいという“気”を完全に封じ込んでいる、馬が走るわけだ」

関西所属騎手ながら、今年は美浦に滞在して腕を磨く赤木高太郎。
園田時代に取材したことのある鈴木は 夕食に誘って旧交を温めた。
アラフォー2人の会話のテーマは「無」。
「アンカツ(安藤勝)さんは 仙人の域に達したと思う。
勝ちたいという“気”を完全に封じ込んでいるよ。
馬が走るわけだ」 と語る赤木。
鈴木も「それはまさに無の心境。
ただ、その域に達するには精進、経験、悩(ソ,ソ,ソクラテスかプラトンか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! ニ,ニ,ニーチェかサルトルか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! 俺もお前も悩んで悩んで大物だ~!)(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)み抜いた 強い心が不可欠だ」と返す。
何やら哲学的な話になってきた。
一流は努力を継続できるという話になった時、赤木がヤンキース・松井秀喜のエピソードを紹介した。
「テレビジョン番組に出演した時、時間まで楽屋で必死にバットを振っていたらしい。
僕ももっと努力せな あかんって思いましたよ」。
赤木の真剣な表情を見て、日々のんびりと過ごす自分が恥ずかしくなった 鈴木だった。
スポニチannex(コラム) http://www.sponichi.co.jp/gamble/flash/KFullFlash20090130017.html

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加