Sponsored Link
  


レーガン元大統領の息子、民主党大会で現政権の胚研究規制を批判へ米主要メディアは12日、ケリー上院… 



Sponsored Link
  


レーガン元大統領の息子、民主党大会で現政権の胚研究規制を批判へ

米主要メディアは12日、ケリー上院議員を大統領候補に正式指名する今月26日からの民主党大会で、先月逝去した共和党・レーガン元大統領の息子ロン氏(46)が演説し、ブッシュ政権が厳しく規制している胚(はい)研究の必要性を訴えると報じた。
ブッシュ政権はヒト胚性幹(ES)細胞を作る研究に対し、「受精卵を壊す点で中絶と同じだ」として政府予算の支出を禁じているが、レーガン元大統領夫人のナンシーさんやロン氏は「元大統領を晩年悩(ソ,ソ,ソクラテスかプラトンか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! ニ,ニ,ニーチェかサルトルか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! 俺もお前も悩んで悩んで大物だ~!)(幸福になる必要なんかありはしないと、自分を説き伏せることに成功したあの日から、 幸福がぼくのなかに棲みはじめた)ませたアルツハイマー病の治療法開発につながる」と規制緩和を主張、民主党もこれを支持している。
胚研究規制に対する批判は連邦議会や州議会でも高まっており、ブッシュ陣営はロン氏の動きを警戒している。
共和党大統領の子息が民主党の大統領候補を決める大会で演説するのは異例だが、ロン氏はこれまでも「父ならイラクを侵略したとは思えない」などとブッシュ大統領批判を繰り返している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040713-00000302-yom-int

人格とは、高きものと、まったく低きものとが一つになったものである。…人格の高さとは、この矛盾を持ち耐えることである



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です