Sponsored Link
  


なぜか1本だけ赤いダイコン…山科京都市山科区川田欠ノ上の電気工事業岡本満さん(63)の家庭菜園で、白い… 



Sponsored Link
  


なぜか1本だけ赤いダイコン…山科

京都市山科区川田欠ノ上の電気工事業岡本満さん(63)の家庭菜園で、白いダイコンの中に1本だけ赤いダイコンが育ち、近所で話題になっている。
岡本さんは約40年前から自宅近くの菜園で、自家用にアオクビダイコンを栽培しているが、赤いダイコンは初めて。
自分で育てたダイコンから採取した種を使っているため、ほかの品種が混じったとは考えにくく、京都府農業総合研究所(亀岡市)も「(赤は)珍しい」という。
赤いダイコンは周りの白いダイコンより目立って大きく、年末に食べごろになりそう。
岡本さん宅では3年前に、右側の花びらが赤、左側が白にくっきりと分かれたツバキが咲き、その年に長男が結婚した。
「紅白には縁がある。
赤いダイコンも幸せを運んでくれるかも。
食べてしまうか、来年のために種を取るか、悩(ソ,ソ,ソクラテスかプラトンか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! ニ,ニ,ニーチェかサルトルか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! 俺もお前も悩んで悩んで大物だ~!)(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)ましい」と話している。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008121300040&genre=K1&area=K1Jhttp://www.kyoto-np.co.jp/static/2008/12/13/P2008121300040.jpg

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加