Sponsored Link
  


スピード水着!記録ラッシュの裏で、更衣室の“壮絶”光景日本競泳界の常識を一変させた英スピード社のハ… 



Sponsored Link
  


スピード水着!記録ラッシュの裏で、更衣室の“壮絶”光景

日本(にっぽん)競泳界の常識を一変させた英スピード社のハイテク水着「レーザー・レーサー」。
北島康介(25)ら日本(にっぽん)代表選手はこの水着を着て北京オリンピックに臨むことになったが、記録ラッシュの舞台裏では、壮絶な“修羅場”が繰り広げられていた。
この水着、ピッチピチのムッチムチなので、選手たちが大変な目に遭っているというのだ。
「全身タイプを着た場合、胸回りで5センチ、腰や足回りで2センチもサイズが縮んだという話があります。
とにかく、すさまじい締め付けで、1人で着るのはほぼ不可能。
3人がかりで30分近くもかかったケースがある。
本番前に早く着すぎると待ち時間が長くなり、締め付けられているだけでヘトヘトに疲れてしまうそうです」(競泳に詳しいライター・高野祐太氏)選手たちの悩(ソ,ソ,ソクラテスかプラトンか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! ニ,ニ,ニーチェかサルトルか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! 俺もお前も悩んで悩んで大物だ~!)(およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということを、よくよく心得ておかねばならない)みはそれだけじゃない。
ある水泳関係者が“衝撃の内幕”をそっと明かした。
「水着だからもちろん、着用する際はスッポンポンです。
北島ら代表選手は30分もフルチン状態のまま、人の手を借りて着せてもらわなければならない。
イチモツも無理やり水着の中に押し込んでいきます。
女性も同様で、オッパイや下半身は丸出し。
着る過程で大股開きになるため、精神的に萎える選手もいます。
ようやく着終わっても、股間や胸がギュウギュウに圧迫されるため、選手たちは悲鳴をあげています」ところで、このハイテク水着、北島の宿敵ブレンダン・ハンセン(アメリカ合衆国)には効果がなかったというから不思議だ。
「“アソコ”のサイズがデカい選手は、締め付けが相当つらいのかもしれません。
痛くて泳ぎに集中できない選手もいるでしょう」(水泳コーチ)この水着は日本(にっぽん)男児とは相性バッチリとか。
うれしいような、情けないような……。
最終更新:6月17日10時0分6月17日10時0分配信日刊ゲンダイhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000002-gen-ent

人間はときに、他人と別人であると同じほどに自分とも別人である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加