Sponsored Link
  


テレビのBSデジタル放送が、今月で放送開始から10年狙いは中高年テレビのBSデジタル放送が、今月… 



Sponsored Link
  


テレビジョンのBSデジタル放送が、今月で放送開始から10年狙いは中高年

テレビジョンのBSデジタル放送が、今月で放送開始から10年を迎えた。
民間放送キー局出資の5局による無料放送は、長く視聴者数が伸び悩(ソ,ソ,ソクラテスかプラトンか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! ニ,ニ,ニーチェかサルトルか~♪ みーんな悩んで大きくなった~! 俺もお前も悩んで悩んで大物だ~!)(30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている)んできたが、地上デジタル放送に対応したテレビジョンへの買い替えでBSも見られる世帯が急増。
広告収入が上向き、独自番組による地上波とのすみ分けも定着し始めた。
最近のBS各局は、中高年を意識した番組編成が目立っている。
若年層向けが多い地上波との違いを出す戦略だ。
ジャイアンツ戦のナイター中継を売り物にするのがBS日本(にっぽん)。
今季は9試合の中継にとどめた地上波の日本(にっぽん)テレビジョンにかわり36試合を放送した。
原則として試合開始から終了まで中継し、中高年男性に多い固定ファンをつかんでいる。
BS―TBSが毎週日曜夜に放送している報道番組「サンデースコープ」は極力、テロップを出さないようにしている。
1時間に700回も字幕が流れるといわれる近頃の地上波のニュース番組とは対照的だ。
「人の表情を伝え、じっくり感じてもらうのもテレビジョンの大きな役割。
我々はそれを放棄して視聴者を字幕にくぎ付けにし、思考を止めてしまっていたのではないか」。
TBS報道局出身の平本和生社長は、自戒を込めて語る。
BS朝日は今秋、初めての本格的な連続ドラマ「刑事定年」を放送した。
主演は柴田恭兵で、脚本は「金曜日の妻たちへ」などで知られる鎌田敏夫らが手がけた。
これも中高年を意識した自主制作だ。
こうした番組づくりが視聴者に受けいれられていることは、数字にも表れている。
BSデジタルが視聴可能な約1千世帯を対象に定期的に視聴状況を調べる「BSパワー調査」によると、視聴率に相当する「接触率」の5局合計は、今年4月のゴールデンタイム(午後7~10時)で15.4%。
2年前の9.0%から大きく上昇した。
電通によると、BSの広告費は2002年の162.5億円から09年は388億円に倍増。
リーマンショック以降も毎年2ケタのペースで伸び続けている。

人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加